ページ内記事タイトル一覧

≪ 岳真也『土方歳三 修羅となりて北へ』 ALL 吉田秋生『海街diary1、2』 ≫

フリーエリア

テスト中。ここはフリーエリアです。

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡井崇『ノーフォールト(上・下)』

  • 2009/11/28(土) 12:37:08

ノーフォールト(上)
(ハヤカワ文庫JA)

ノーフォールト(上)(ハヤカワ文庫JA)
ノーフォールト(下)
(ハヤカワ文庫JA)

ノーフォールト(下)(ハヤカワ文庫JA)

内容(「BOOK」データベースより)
城南大学病院に勤める女性産科医・柊奈智は、深夜の当直で容態が急変した妊婦に緊急帝王切開手術を行なう。ギリギリの判断が幸いし、子供は無事に生を受けた。だが喜びもつかの間、数日後に原因不明の出血が母親を襲う。医師たちの懸命の治療の甲斐もなく、出血の原因がわからないまま、母親は死亡してしまった。患者を救えなかったことでショックを受ける奈智。だが、それは、さらなる試練の始まりに過ぎなかった…。

現在日本テレビで放映中のドラマ『ギネ 産婦人科の女たち』の原作です。
ドラマの評判は今ひとつのようですが、原作の小説は評価が高かったので読んでみました。

緊急手術、その後の治療、母親の死、遺族による訴訟、その法廷での尋問に耐えられず病院を辞めることを考える主人公、そして…という流れがシンプルに判りやすく書かれているので読みやすかったし、それでいて臨場感もあり面白かったです。

ドラマは2~3回、それもチラッとしか見ていないのですが、人間関係や設定、エピソードがかなり追加・変更されて複雑になっていて、小説を読んで感じたストレートな主張がぼやけてしまっているように思えました。
何より、主役の奈智のキャラクター設定が小説とドラマではほぼ180度違うのです!
私はドラマを先に見ていて「仕事は出来るが独善的で周りから浮いているキャラクター」の奈智の性格がとても苦手だったので、「こんな人が主役だったら小説も面白く読めないかも…」と思ってしばし読むのを躊躇していたくらいなのですが実際に読み始めたら「優秀で研究熱心、何より患者の心に沿った治療により患者はもちろん上司や同僚にも信頼されている若手医師」が出てきたのでかなりビックリしました。
いくら脚色するとは言っても主役の性格をここまで変えてしまう意図というのは何なのでしょうか。
確かにTVドラマにはちょっと印象的なキャラクターの方がいいのかもしれませんが、それにしてもちょっと変えすぎそして怖すぎです…。

著者である岡井氏は現役の産婦人科医であるとのこと。
作中にはメインストーリーに絡んで医療の現状やそれに対する改革案など著者の主張も表現されています。
この部分が小説の一部としてはちょっと唐突で、かつ冗長な感じがしないでもないのですが、書いてある内容自体は非常に興味深く、現在の医療制度を理解し、今後どうあるべきかを考えるいい材料だと思えました。

ドラマを見て原作を敬遠してしまう人がいるかもしれませんが、この作品に関しては設定とメインストーリーの流れだけを参考にしているという程度でドラマと小説は別物と考えたほうがいいような気がします。
ドラマが苦手でも小説は面白く読めることもあると思いますので医療問題に興味があったら読んでみて下さい。

「ギネ 産婦人科の女たち」公式サイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。