ページ内記事タイトル一覧

≪ 坂木司『夜の光』 ALL 北森鴻『深淵のガランス』 ≫

フリーエリア

テスト中。ここはフリーエリアです。

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海堂尊『ブラックペアン1988』

  • 2009/03/27(金) 10:27:56

ブラックペアン1988
ブラックペアン1988

内容(「BOOK」データベースより)
外科研修医世良が飛び込んだのは君臨する“神の手”教授に新兵器導入の講師、技術偏重の医局員ら、策謀渦巻く大学病院…大出血の手術現場で世良が見た医師たちの凄絶で高貴な覚悟。

『チーム・バチスタ~』に東城大学医学部付属病院の院長として登場する高階が、講師として初めて病院に現れた1988年当時のことを描いた作品。

面白かったです!

国家試験に合格したばかりの1年生医師世良の目を通した形で物語が進むので『チーム・バチスタ~』以降の作品のように専門用語や略語、大げさすぎるあだ名の濫用がないし、ストーリーの構成自体もかなりシンプルなのでとてもスムーズに読み進められました。

ミステリーではないので謎解きの要素はないのですが、その分病院内のそれぞれの立場の人間たちの信念や思惑、駆け引きなどがストレートかつ緻密に表現されていて、どっしりした骨太な作品に仕上がっていたと思います。

ラストはその前の流れから想像出来る範囲の展開で意外性はないのですが、そこに至るまでに描かれた経緯や人間関係をきちんと踏襲した内容になっていて説得力があったし表現も緊迫感があり読み応えがありました。

高階院長だけでなく、その後のシリーズに登場する面々の若き日の姿が描かれているのも、シリーズを読んでいる読者には楽しめるポイントなのでは。
田口、速水、島津の同期トリオも研修生としてちょっとだけ登場します。
その後のそれぞれの行く末を暗示するキャラクター設定がされているのはさすがです。

『チーム・バチスタ~』とは舞台設定の時期が異なるためか一緒の流れで取り上げられることが少ない作品ですが、海堂氏の作品の中でもかなり上質な作品だと思います。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。