ページ内記事タイトル一覧

≪ 恩田陸『ネクロポリス(上・下)』 ALL 畠中恵『いっちばん』 ≫

フリーエリア

テスト中。ここはフリーエリアです。

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中野京子『怖い絵』

  • 2009/01/30(金) 10:06:51

怖い絵
怖い絵

内容(「BOOK」データベースより)
一見幸せな家族『グラハム家の子どもたち』…けれど、この絵の完成後?スポットライトを浴びるドガの『踊り子』…じつは、この時代のバレリーナは?キューピッドのキスを受ける豊満な裸体『愛の寓意』…でもほんとは、このふたり?名画に塗り込められた恐怖の物語。心の底からゾッとする名画の見方、教えます。

小説ではなく、美術作品(絵画)の解説本です。
ドガやムンク、ゴヤなど一般的に著名な画家から、あまり名前を聞いたことのない画家まで20人の作品が集められ、その絵がいかに「怖さ」を秘めているかが解説されています。

新聞の広告で見かけて「面白そう」と思って図書館に予約したら、けっこうな順番待ち。
手元に来るまでに2カ月くらい掛かりました。
だからかも知れませんが、全体的に「思ったよりも…」という読後感でした。
恐怖というのは個人的な体験や想像力、感覚に依るところが大きいので、そうしたものを共有出来なかったということかなと思います。
でも、20作の中には全く知らなかった絵、画家もかなり数多くあったので、新しい作品、芸術家を知るきっかけになったのは良かったです。

紹介されている20枚の中には見た目からして怖い絵(例えば、ゴヤの『我が子を喰らうサトゥルヌス』とかジェンティレスキ『ホロフェルネスの首を斬るユーディト』とかベーコンの『ベラスケス<教皇インノケンティウス十世像>による習作』とか)もたくさん紹介されていますが、私が一番印象的だと思ったのはクノップフの『見捨てられた街』という作品。
一見静けさに満ちた穏やかな風景画のように見えるのですが、ずっと細部まで見ていくとおかしな部分が見えてきてだんだん平衡感覚がずれてくる、やがて精神がこの人の気配が全くない街に囚われてしまう…そんな感じがする絵です。
日本の美術館はどこに行ってもたいてい人が大勢いて一人きりになることは滅多にありませんが、外国の大きな美術館の誰もいない部屋などでこの絵と対峙してしまったらかなり怖いかも…と想像してしまいました。
この絵はクノップフがローデンバックの小説『死都ブルージュ』に触発されて描いた絵だとのこと。
この小説もおもしろそうなので今度読んでみようと思います。

死都ブリュージュ (岩波文庫)
死都ブリュージュ (岩波文庫)
ローデンバック集成 (ちくま文庫)
ローデンバック集成 (ちくま文庫)

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。