ページ内記事タイトル一覧

≪ 石田衣良『下北サンデーズ』 ALL 米澤穂信『犬はどこだ』 ≫

フリーエリア

テスト中。ここはフリーエリアです。

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北上次郎×大森望『読むのが怖い!帰ってきた書評漫才~激闘編』

  • 2008/08/23(土) 10:56:20

読むのが怖い! 帰ってきた書評漫才~激闘編
読むのが怖い! 帰ってきた書評漫才~激闘編

出版社/著者からの内容紹介
書評界の両雄、北上次郎と大森望がオススメ本を持ち寄り判定しあう異色の対談ブックレビュー(季刊SIGHT誌連載)が3年ぶりに続刊刊行です!未発表分を大幅加筆し、各年のブック・オブ・ザ・イヤーを含むエンターテインメント小説談義・どっさりずっしり136冊分を完全収録! 冒険小説、ハードボイルド、SF、時代もの、恋愛小説にミステリ、青春、スポーツ、ラノベに果ては少女小説まで、業界最強の指南役がめくるめくエンタメ本の世界を本音でご案内します。
○単行本特別企画
北上次郎が大森望に/大森望が北上次郎に読ませたい オールタイムベスト3

いや~、面白かった!

書評なのに「面白かった」って感想もどうなのよと思うけど、この2人の噛み合っていないようで噛み合ってる掛け合いが絶妙ですごく楽しく読めた。

(お2人には足元にも及ばないけど)私も小さい頃からずっと本好きで周りにもけっこう本を読む友人知人が多かったけど、人に話す本の感想ってせいぜい「よかったよ」とか「つまんなかった」くらい。
それについて「自分はこう思う」「いや、それはこの本のテーマではないだろう」みたいな熱い語らいをしたことは殆どない。
だいたい、本の感想なんて人それぞれで当然だと思ってるし。
(多分多くの本好きはそんな感じなのでは?)

それなのにこの2人の本好きの自分の主張を譲らない熱い討論は何なんだろう? 
もちろん、よく読めば北上さんも大森さんも「自分が好きなものは好き、嫌いなものは嫌い」ってだけで、相手の趣味がどうこうってことは言ってないんだけどね。

特に北上さんの「我が道を行くぜ」っぷりは素晴らしく、「こういうのは嫌い」とか「読んだけど覚えてない」とか「○ページで挫折」とか平気で言っちゃったり(笑)
それに対して大森さんは(年下の遠慮もあるのか(笑))一応北上さんをフォロー(内容を忘れた本のあらすじを説明してあげたり)しつつも、自分の意見はきっちり主張してるって感じ。

「職業としての書評対談」というより「単なる本好きの飲み屋談義」みたいな自由でありのままの雰囲気が(賛否はもちろんあると思うけど)私はすご~く好きでした。

ただ、たくさんの本が紹介されているにも関わらず会話があまりにも楽しくて、肝心の本の内容をあまり覚えていない点は書評本としてこれはどうなのよ、と(笑)

副題に「帰ってきた」とある通り、これは2冊目。
1冊目(↓)も同じ感じで盛り上がってます。

読むのが怖い! 2000年代のエンタメ本200冊徹底ガイド
読むのが怖い! 2000年代のエンタメ本200冊徹底ガイド

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。