ページ内記事タイトル一覧

≪ 斎藤美奈子『趣味は読書。』 ALL 結城光流『篁破幻草子 あだし野に眠るもの』 ≫

フリーエリア

テスト中。ここはフリーエリアです。

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戸坂康二『グリーン車の子供』

  • 2007/05/08(火) 13:23:20

グリーン車の子供
戸板 康二
4488458025

内容(東京創元社Webサイト内より引用)
7年ぶりに「盛綱陣屋」への出演依頼を受けた中村雅楽。しかし、子役の演技が気になる雅楽は、なかなか出演を承諾しない。そんな折、大阪で法要に出席した雅楽と竹野記者は、帰京する新幹線で一人の少女と出会う。東京駅に着く間際に、雅楽が「陣屋」への出演を決めた訳はーー。第29回日本推理作家協会賞を受賞した表題作を含む、珠玉の18編を収録。《中村雅楽探偵全集》第2巻。資料再録等=戸板康二・小泉喜美子・佐野洋/解説=巽昌章/編者解題=日下三蔵

「中村雅楽探偵全集」の第2巻。
1巻同様、面白かった。

事件の舞台は劇場周辺、そして登場人物は雅楽翁やワトソン役の新聞記者竹野の知己が殆どなのにどの作品もそれぞれに新しい工夫があってどれを読んでも楽しめる。
あんな狭い空間でよくもこんなに色んなシチュエーションの事件を考え出せるものだなあと感心してしまう。
またどれも40~50ページほどの短篇ばかりだけれど、その中に状況や人物の説明、物語としての起承転結、そしてもちろん謎解きまで過不足無くきちんと完結しているのもいい。

狭い範囲で事件が起こりすぎといえなくもないけど(笑)、これからも難問奇問を鋭い観察力で解いていく雅楽翁の活躍に期待したい。

「目黒の狂女」「劇場の迷子」「松風の記憶」の3冊が刊行予定。

團十郎切腹事件
戸板 康二
4488458017

この作品の感想はこちら↓
團十郎切腹事件

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

迷子迷子(まいご)とは、自分の所在が分からなくなり、目的地に到達することが困難な状況に陥った子供、もしくはその状態を指す。百貨店や行楽地、その他雑踏においては、本人の目的に関わりなく、引率者から子供の所在を確認できなくなった時点で迷子とみなされる。子供だ

  • From: 子供の遊び・文学いろいろ |
  • 2007/10/08(月) 19:12:46
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。