ページ内記事タイトル一覧

≪ 浅田次郎『天切り松闇がたり 第四巻 昭和侠盗伝』 ALL 浅田次郎『輪違屋糸里(上・下)』 ≫

フリーエリア

テスト中。ここはフリーエリアです。

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青木淳悟『四十日と四十夜のメルヘン』

  • 2005/07/30(土) 15:00:33

四十日と四十夜のメルヘン
青木 淳悟
青木淳悟/四十日と四十夜のメルヘン高橋源一郎氏がasahi.comの「Bookコーナー」 で書いていたこの書評を読んだのがきっかけで読んでみようと思った作品。
高橋氏がこの中で

ふつうの小説は、あらすじを間違えずに説明できるのに、この小説では、説明しようとすると、必ず間違う。

と書いていて、実はそこに惹かれて読み始めたんだけど… ホントにその通りで何を書こうとしているのかさっぱり判らない作品だった^^;

要はチラシの裏に7月4日から7月7日までの4日間の日記を繰り返し書いている「わたし」の物語なんだけど… 前後の脈絡がなく色んなところに話が飛ぶし、書いてあることに意味があるのかないのかも判らないし、オチがあるわけでもないし、 もちろん密室殺人事件が起きて捜査して謎解きをするわけでもなく。
ただただ4日間の「わたし」の日常が繰り返し描かれるだけ。

普段あまりこういうタイプの小説を読むことがないせいか咀嚼力がついていかなくて「何が何やら」という感想しかないんだけど、 その割に読み続けることは特に苦痛ではなかったというのも逆に印象的だった。
文章一つ一つは全然難解じゃないんだけど、それを組み合わせると不思議な世界が出現しちゃうんだなあ。

「わたし」がチラシの裏に書く童話(そのタイトルが「チラシ」(笑))がいきなり途中でプッツリ終わるのもスゴイ。

高橋氏も書いているように、確かにここには「人生」が描かれている…のかも。

第33回新潮新人賞受賞の表題作の他、「クレーターのほとりで」を収録。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

第58回野間文芸賞に半島を出よ

第58回野間文芸賞は村上龍さんの「半島を出よ」に決まりました。   第27回野間文芸新人賞は平田俊子さんの「二人乗り」と、  青木淳悟さんの「四十日と四十夜のメルヘン」に、  また、第43回野間児童文芸賞は吉橋通夫さんの「なまくら」です。 ....

  • From: 及川的大人のブログ |
  • 2005/12/13(火) 20:56:46
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。