ページ内記事タイトル一覧

≪ 石田衣良『4TEEN』 ALL 芦原すなお『嫁洗い池』 ≫

フリーエリア

テスト中。ここはフリーエリアです。

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恩田陸『ネバーランド』

  • 2003/05/24(土) 21:07:56

ネバーランド
恩田 陸
恩田陸『ネバーランド』古い伝統を持つ名門男子校の寮「松籟館」。
冬休みを実家に帰らずここに居残ることを決めた4人の少年たちの7日間の物語。



特に意識したわけではないけどまたしても「4人の少年たち」の物語。
でもこっちは「4TEEN」の4人よりも3つくらい上なのかな?
その分大人っぽい物語になっている。
この4人は14歳の彼らのようにいつも一緒に連んでいる仲間ではなく、それぞれの事情を抱えて偶然に一緒に暮らすことになってしまった。
だから最初は遠慮と警戒と無関心に支配されていた彼らの心情が、長い時間を一緒に過ごし、お互いの秘密を告白しあうことででその関係が微妙に変わってくる。
その緩やかな、でも確実な変化の描写が巧い。

恩田陸の作品って人物描写(設定)ももちろん好きだけど、私は情景描写がすごく好き。
何気ない単語で、それも決して細かく書いてあるって感じでもないのに読んでいくとその情景がまるで映画でも見ているかのように私の頭の中に自然に浮かんでくる。
この力のおかげで恩田陸の作品はいつでも最初の数ページを読むだけでスルッとその世界に入っていける。
この作品でも冒頭3ページくらいで私はすっかり「松籟館」の中にいて、すごく近くで4人が食事したり、ゲームしたり、喧嘩したりするところを見ていた気分だった。

4人全員が家族(特に女性)に対して何らかの悩み(トラウマ)を抱えていて、それはかなりハードな内容だったりもするんだけど(特に光浩のは…ハードすぎる運命だ(泣)でも私が許せないのはどちらかというと父親だなあ)、お互いに聞き終わった後は(関係は微妙にでも確実に変わっているのに)また普通の会話に戻っているのがなんかいい感じだった。
こうやって人は人を見つけていくのかもねえ。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ネバーランド / 恩田 陸

記念すべき一回目は恩田陸の小説です。この人の小説に出会ってから、気が狂ったようにこの人の本ばかり読んでいる。好きな小説家が村上春樹だけというのも寂しいので、TSUTAYAで物色していたら変なコー

  • From: アマガエルの日記 |
  • 2005/10/13(木) 01:45:15
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。