ページ内記事タイトル一覧

◆Date:2009年04月
ALL

フリーエリア

テスト中。ここはフリーエリアです。

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今野敏『安積班シリーズ』

  • 2009/04/26(日) 10:47:54

警視庁神南署 (ハルキ文庫)
警視庁神南署 (ハルキ文庫)
二重標的(ダブルターゲット)―東京ベイエリア分署 (ハルキ文庫)
二重標的(ダブルターゲット)―東京ベイエリア分署 (ハルキ文庫)
陽炎 (ハルキ文庫―東京湾臨海署安積班 (こ3-16))
陽炎 (ハルキ文庫―東京湾臨海署安積班 (こ3-16))
硝子の殺人者―東京ベイエリア分署 (ハルキ文庫)
硝子の殺人者―東京ベイエリア分署 (ハルキ文庫)
花水木―東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫)
花水木―東京湾臨海署安積班 (ハルキ文庫)
 

ドラマ化に合わせて読み始めた安積班シリーズ。
安積班のメンバーを始めとする捜査員たちの掴んでくる事実を丹念に積み上げてジワジワと真実に近づいていく長編、そこに関わるメンバーの行動や考え方の違いに焦点を当てつつキッチリ事件を解決していく短篇、どれを読んでも面白いしリーダビリティがいいのでどんどん読了中です。
(そのおかげで今月は月間読了数の記録更新中です(^^))

事件の捜査の話の中に刑事たちのプライベートなエピソードがさりげなく入ってくるのもいい感じです。
事件の部分を邪魔していないし、乖離しすぎてもいない絶妙なバランスで描かれていて、しかもラストではそのエピソードが活かされてホッとする雰囲気で終わっている作品が多いのも好印象でした。

ただ、一気に何冊も読むとキャラクターの設定とか同じ内容が毎回繰り返されるのがちょっとウルサイかな~と思ったりもしました。
特に安積はいつも同じことで迷っていたりするので(村雨との関係についてとか)、何度も同じことが出てくると「一人で困ってないで本人に訊けばいいじゃん!」って思ってしまうことが何度もありました(笑)
こういうシリーズものの宿命だとは思うし、それがなければないで物足りない気がするのかもしれませんが。

それにしても警察の階級や上下関係って複雑すぎてよく判らない!
「巡査部長」というのは「警部補」の下なんだそうです。
しかも警察全体の階級で言ったら下から2番目。
会社で「部長」って言ったらもうすぐ役員ってイメージなのでこのギャップが大きいですね。
あと「刑事」というのもドラマによく出てきて派手なイメージがあるので組織の中でも花形なのかと思ったらそんなことないんですね~。
そういう、一般人には馴染みのない警察内部の力関係とか慣習とか操作手順などの知識や、組織の中での振る舞い方、生き方、仕事への取り組み方、人との接し方なども丁寧に判りやすく描かれているのでいろんな角度から楽しめる作品だと思います。

まだ読んでない作品がたくさんあるみたいなのでまだまだ楽しめそうです(^^)
他のシリーズ(「ST警視庁科学特捜班」とか)も面白そうなのでこちらも楽しみっ!

スポンサーサイト

松井今朝子『吉原手引草』

  • 2009/04/21(火) 10:45:06

吉原手引草
吉原手引草

内容(「BOOK」データベースより)
なぜ、吉原一を誇った花魁葛城は、忽然と姿を消したのか?遣手、幇間、楼主、女衒、お大尽―吉原に生きる魑魅魍魎の口から語られる、廓の表と裏。やがて隠されていた真実が、葛城の決意と悲しみが、徐々に明らかになっていく…。誰の言葉が真実なのか。失踪事件の謎を追いながら、嘘と真が渦巻く吉原を見事に紡ぎあげた、次代を担う俊英の傑作。

07年前期の直木賞受賞作。
以前図書館で借りようと思ったらすごい順番待ちだったので「どうしようかな~」と思ってるうちに、文庫になってしまいました。
(どんだけ迷ってるんだ(笑))

吉原五丁町一と謳われながらある日忽然とその姿を消して行方が知れなくなった花魁・葛城。
吉原の中ではタブーとなっているその話題について茶屋の女将や店の主、芸者、幇間、葛城の贔屓客など葛城に関わった十数人の人々に次々に話を聞きまわる謎の人物。
それが誰なのか、何の目的なのか全く判らないまま読者はその人物の視点で吉原の中で暮らす様々な役割の人間たちの話を聞き、葛城の人となりや生き様を少しずつ理解し組み立てて行きます。
そしてその数々の証言の中から最後に葛城が吉原から消えうせた方法と理由、同時に謎の人物の正体とその目的が明らかになるのです。

人物の書き分け、吉原という特殊な場所のしきたりや慣習、そしてその中で見事に生き抜き自分の使命を全うした葛城という一人の女の人生の見事さ…どれもが圧倒的な迫力で、しかもバランスよく描かれていて最後まで一気に読ませる素晴らしい作品でした。

今野敏『イコン』

  • 2009/04/20(月) 10:42:47

イコン (講談社文庫)
イコン (講談社文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
マニアを熱狂させるバーチャル・アイドル、有森恵美。主役が登場しない奇妙なライブで、少年が刺殺された。警視庁生活安全部少年課の宇津木真は、仮想現実の世界で生まれたリアルな殺意の真相を探る。電脳メディアに宿る、現代の「聖画」とは!?若者たちの神々は降臨するのか…。傑作長編ミステリー。

安積班シリーズの長編。

この作品が書かれた1985年当時は「バーチャルアイドル」なんて概念はまだまだ「知る人ぞ知る」って感じだったんでしょうねえ。
情報だけの存在に人々の関心が集まり、熱狂し、ビジネスになり、やがてそれが実体を持って行く…今まで考えたこともないそんな存在をどう理解したらいいか判らず右往左往する(安積班を含めた)警察の捜査陣の混乱ぶり、そしてその混乱の中にあっても、刑事としての勘や積み上げてきた捜査資料から着実に真実に迫っていく様子が非常に丁寧にしかも読みやすく描かれていて読み応えがある作品でした。

それにしてもいまやインターネットという情報網は私たちの生活にとって当たり前のものになりそこから発信される膨大な情報、知識を日々受け取り続けている現在の状況を考えると、その侵食力・影響力の大きさに改めて脅威を感じますね。

この作品では事件の捜査を通して安積、速水、そして本庁生活安全課の宇津木という3人の同年代の警察官が登場します。
この3人の対比もかなり興味深いものがありました。
特に今までは仕事にもやりがいを見出せず、家庭も崩壊寸前だった宇津木が、安積と捜査活動を共にし、その仕事ぶり、部下との接し方に触れることで少しずついい方向に変わっていく過程が非常に印象的でした。

公的な犯罪捜査の部分と、こうした私的な部分が乖離せずにどちらも一人の男の人生の要素として自然に描かれている部分に深みを感じました。

3人の中ではやっぱり一番速水がカッコいいなあ、と思うのですが、彼はある意味ズルい役ではありますよね(笑)
でも安積がいつも細かいことに心を砕いて周囲と接しているように、速水には速水なりの気遣いや想いや迷い、悩みがあると思うので、そういう部分が描かれている作品が読んでみたくなりました。

今野敏『神南署安積班』

  • 2009/04/11(土) 10:38:53

神南署安積班 (ハルキ文庫)
神南署安積班 (ハルキ文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
人と犯罪の溢れる街、渋谷。その街を管轄とする警視庁神南署に張り込む新聞記者たちの間で、信じられない噂が流れた。交通課の速水警部補が、援助交際をしているというのだ。記者の中には、真相を探ろうとするものも現れ、署内には不穏な空気が―。刑事課の安積警部補は、黙して語らない速水の無実を信じつつ、彼の尾行を始めるが…。警察官としての生き様を描く『噂』他、8編を収録。大好評安積警部補シリーズ待望の文庫化。

13日(月)から始まるドラマ「ハンチョウ 神南署安積班」の原作本。
東京の新設の警察署・神南署に籍を置く安積警部補以下5名の強行犯係メンバーの活躍を描いた短篇集。
「スカウト」「噂」「夜回り」「自首」「刑事部屋の容疑者たち」「異動」「ツキ」「部下」「シンボル」の9編を収録。

かなりたくさんの既刊があるシリーズものらしいけど、私は今回初読。
他にもたくさんあったのですが、ドラマと同じタイトルだったし短篇で読みやすそうだったのでこれを選んでみました。
かなり面白かったです♪

警察を舞台にした作品だけど、トリック解明やアリバイ崩しなどミステリーの要素はなし。(この作品だけなのか、シリーズ全体そうなのかはまだ不明ですが)
犯人も犯行の内容も判った上で、犯人逮捕、事件解決に至るまでの安積班メンバーのさまざまなエピソードが描かれています。
そこから安積をはじめとしたメンバーのキャラクターやお互いの信頼関係が浮き彫りになっていくという構成。

安積班の個性的な刑事たちのキャラクターもそれを生かしたそれぞれのエピソードも短い枚数のなかで丁寧に描かれていてとても読みやすかったです。
安積班メンバーの人となりがすごくよく判って私のような初めての読者でもスムーズに面白く読めました。

安積警部補はちょっと「鬼平」みたいな感じですね。
個性的な部下たちを信頼して、その行動をきちんと把握していて、彼らが困っていたり失敗をしたらそれを切り開く手助けをすることが自分の仕事だと納得した上で行動している、という理想的な上司像になってます。
ただ「鬼平」みたいにカリスマ的な絶対的な力を持つというところまでは行っていないし、時折部下に対する苦手意識なども文章の中に散見されるのですが、逆にそのあたりの人間的な揺れや弱さの部分もまた魅力になっている気がします。

シリーズの他の作品もどんどん読んでいきたいと思います。
プラス、ドラマにも期待!

北森鴻『虚栄の肖像』

  • 2009/04/11(土) 10:36:23

虚栄の肖像
虚栄の肖像

内容(「BOOK」データベースより)
舞い込んだ不思議な仕事。墓前での奇妙な花宴。そこで依頼されたのは肖像画の修復。報酬は、桜を活けた古備前というが…表題作ほか、藤田嗣治の修復を依頼された佐月が偶然、十五年前に別れた恋人に再会する「葡萄と乳房」。暁斎の孫弟子らしき謎の絵師を探るうちに思わぬ真実が立ち現れる、書き下ろし「秘画師遺聞」の全三篇。北森ワールドに浸る絵画修復ミステリー傑作連作短篇集。

花師と絵画修復師の2つの顔を持つ佐月恭壱を主人公にしたシリーズの第2弾。

前作同様、恭壱に依頼された絵画を巡り周囲の人間の思惑が複雑に絡み合っていて、読んでいくうちに「???」となってしまう部分も多少あったのですが、1つの話に出てくる登場人物が整理されていた分前作よりも読みやすかったです。

恭壱の別れた恋人が登場する「葡萄と乳房」「秘画師異聞」では恭壱の過去が少しずつ明らかにされていきます。
北森さんの作品にしてはかなり官能的なイメージを含む作品になっていますが、このシリーズ全体の持つ深く暗いイメージにとても合っていると思いました。
特に彼女の恭壱への想いが全て注ぎ込まれた「秘画師異聞」は迫力がある内容で読み応え充分。
他の作品よりも物語の構成がシンプルになっていることも、その迫力を最大限に引き出していたと思います。
でも、嫌いで別れたわけじゃない昔の恋人にここまでされたら(良くも悪しくも)一生忘れられなくなってしまうだろうなあ…と思うと、かなり怖い話ではありました^^;

北森鴻『深淵のガランス』

  • 2009/04/01(水) 10:31:31

深淵のガランス (文春文庫)
深淵のガランス (文春文庫)

内容(「MARC」データベースより)
大正末に活躍した洋画家の傑作を修復することになった佐月恭壱は、パリの町並の下に隠された別の絵に気が付くが…。花師と絵画修復師、2つの顔を持つ男が絵画の謎に迫る表題作と、その続編「血色夢」を収録。

銀座を根城にする花師、そして一流の腕を持つ絵画修復師という二つの顔を持つ佐月恭壱を主人公にしたシリーズの1冊目。
表題作他「血色夢」「凍月」の3作を収録した短篇集。

好きな分野の話ではあるのだけど、いかんせん好きだというだけで知識がない私にはちょっと難しかった。
登場人物の言動に専門的な部分が多くて、具体的にどんなことをしているのか、起こっているのか、とか、その会話の持つ意味合いを把握するのが難しくて、物語を「楽しむ」というところまでは辿り着けなかった感じ。

ただ、恭壱を始めとする登場人物たちはいずれも一癖二癖あって魅力的だし、普段の生活では縁のない「絵画修復師」という仕事の一端を垣間見られたのは良かった。
既に2冊目(『虚栄の肖像』)も出ているようなので、こちらも読んでみよう。

この作品にも、北森氏の他のシリーズもの同様お馴染みの作品の登場人物とおぼしき影がちらついています。
そのうち全部がクロスした作品が読める日が来るのかな~?
楽しみですね。

虚栄の肖像
虚栄の肖像

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。