ページ内記事タイトル一覧

◆Date:2003年08月
ALL

フリーエリア

テスト中。ここはフリーエリアです。

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東野圭吾『予知夢』

  • 2003/08/18(月) 21:37:16

予知夢
東野 圭吾
東野圭吾『予知夢』以前読んだ「名探偵ガリレオ」の続編。

時々「結果」が先にあって、それに「原因」をくっつけてるのかな?と言った感じが見え隠れしてしまう話もあったりしたけど、そんなに気になると言うほどではなく面白かった。

謎解きがちょっと門外漢には難しい部分もあるんだけど、それも何とな~く納得させて読まされてしまう所がやっぱり上手いと思う。
今回もタイトルの付け方が凝ってるし、科学的な解決で全編を通しながらラストに意味深なセリフを持ってきて、更にそれが冒頭の一編に結びついている辺りの構成がさすが。

スポンサーサイト

梶尾真治『美亜へ贈る真珠―梶尾真治短篇傑作選 ロマンチック篇』

  • 2003/08/17(日) 21:31:47

美亜へ贈る真珠―梶尾真治短篇傑作選 ロマンチック篇
梶尾 真治
梶尾真治『美亜へ贈る真珠―梶尾真治短篇傑作選 ロマンチック篇』これは正直ちょっと苦手…。
人間関係がまどろっこしくてイライラした。
こういう「愛」の在り方ってのは私は苦手だわ~。
文章も何だか歯切れが悪いし、それからSFなのに論理をきちんと説明してくれない所もなんだかイヤ。
(いや、雰囲気だけで行くなら行くでもいいんだけど…だったらそれを徹底して欲しいんだよね)
それから何よりヒロインの名前が「尼那(にいな)」だったり「時尼(じにい)」だったりするあたりのセンスがどうも…(汗)

とは言えこれと「黄泉がえり」を比べるとこの作家の作品が格段に上手くなっているのは確か。
そう考えると、私は「黄泉がえり」を先に読んだのはラッキーだったかな。

高橋克彦『えびす聖子(みこ)』

  • 2003/08/16(土) 21:33:55

えびす聖子(みこ)
高橋 克彦
高橋克彦『えびす聖子(みこ)』『古事記』をモチーフにした(新解釈した)作品。

判りやすい構成、読みやすい文章で面白く読めた。
『古事記』の原文を知っているわけではないし、解釈の中に著者特有の考え方(神=宇宙人説、みたいなの)が入っているのでどのくらい忠実なのかとかはよく判らないけど、読み物としては面白い作品だと思う。

唐沢俊一/志水一夫『トンデモ創世記』

  • 2003/08/07(木) 21:29:00

トンデモ創世記
唐沢 俊一 志水 一夫
唐沢俊一/志水一夫『トンデモ創世記』「と学会」の中心メンバーであり「オタク文化」を創り出した(らしい)唐沢、志水両氏による対談。

話の半分以上(いや殆どか?)は意味不明な話だったのに、何故か面白く読めた。

何かを極めて、そしてそこを通り過ぎて外側から見られる立場の人が解説してくれると現象は非常に判りやすい。
特に対談だと話が一方的にならないし、普通の文章よりも雰囲気が伝わりやすいので知らない世界を覗き見するには丁度いいと思う。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。