ページ内記事タイトル一覧

◆カテゴリー:ハ行の作家
≪ Prev. ALL

フリーエリア

テスト中。ここはフリーエリアです。

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樋口裕一『読ませるブログ 心をつかむ文章術』

  • 2009/07/29(水) 12:37:34

読ませるブログ (ベスト新書)
読ませるブログ (ベスト新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ブログは「簡単に自分を表現できるツール」として、短期間で世の中に広まった。ところが、ネットの世界にあふれているのは、日記レベルの「おもしろくないブログ」ばかり。一般人が芸能人のブログの真似をしたところで、読者を獲得できるはずはない。ブログを書くということは、世界中の顔も名前も知らない人々に、自分のメッセージを発信すること。一昔前なら、作家や芸術家しかできなかった体験を、一般人でもできるということなのだ。さらに、読み手を意識した情報発信は、文章力を筆頭に、思考力や観察力や表現力など、さまざまなスキルを高めていく。人に読ませる「おもしろいブログ」を書くことで、あなたの人生は変わっていく。

読んでもらえるブログにするためにはどんな文章を書けばいいか、という内容について書かれた本です。
著者自身が「文章のプロ」なので、細かい章立てで簡潔にまとまっていて非常に読みやすいです。

でも、なんか物足りない…。

思うに、「ちゃんとした文章を書こう」と意識しながらブログを書いているひとは、もうこのレベルのことは出来ている(あるいは理解している)んじゃないかなと思うんですよ。
一方、「とりあえずみんなやってるから始めてみた。ブログって日記を書けばいいんだよね」って思っているような人は始めからこんな本に手を出さないんじゃないかなあ、と。

「もっと」を求める人が読むには初心者向けだし、「全然」な人が読むには面白みがなくてとっつきにくい感じがしました。
いや、書いてある内容は平易だと思うんですよ。
例文が多用されていて判りやすいし。
ただ、普段あまり本を読まない人がわざわざ手にとって「お、読んでみよう!」と思えるような工夫がされているわけではないかなあ、と。
(偏見かもしれませんが、文章があまり上手くない人って本を読まない人と重なる気がします)

もっと柔らかいタイトルにして、内容(例文)も実際のブログ画面を模したものにしたり視覚的に訴えるもの(直感的に違いが判るもの)だったりするとよかったんじゃないかなあ、と思いました。

ところでこの本の著者って『頭のいい人、悪い人の話し方』を書いた人なんですね!
本の中にそういうくだりが出てくるのを読んで初めて気がつきました(笑)

スポンサーサイト

ほしおさなえ/天の前庭

  • 2009/06/20(土) 09:38:03

天の前庭 (ミステリ・フロンティア)
天の前庭 (ミステリ・フロンティア)

内容(「MARC」データベースより)
自動車事故で意識不明となり、そのまま9年間眠り続けた柚乃。奇跡的に目覚めたとき、すべての記憶を失っていた。そして今、かつての日記に自分にそっくりな少女に出会ったという記述を見つける-。彼女の行き着く真実とは?

何が書いてあるのかよく判らないなあ、と思いながら、それでも最後にはちゃんと解答が提示されるのであろうと思って読み進んでいたのに結局そのまま終わってしまったよ、という印象の作品でした。
いろんな要素が次々と提示されてそれが一見リンクして結末に近づくための鍵のように見えながら、その結びつきに関する情報は曖昧で要素が増えるに従って逆にどんどん全体像がぼやけていってしまうのです。
『ミステリ・フロンティア』シリーズの中の1冊なのでミステリだと思って読み始めたのですが、途中でドッペルゲンガーやタイムスリップなども出てきてミステリなのかSFなのかさえもよく判らないままでした。

でも、それは(他の方のレビューを読む限りでは)「敢えてそういう書き方をしている」っぽいですね。
確かに文章自体は読みにくくはないのですが…やっぱり私には合わないタイプの小説でした。
こればっかりは相性の問題なので仕方ないですね。

藤野恵美『ハルさん』

  • 2009/06/10(水) 09:58:02

ハルさん (ミステリ・フロンティア)
ハルさん (ミステリ・フロンティア)

内容(「BOOK」データベースより)
(瑠璃子さん…今日はね、ふうちゃんの結婚式なんだよ。まさか、この僕が「花嫁の父」になるなんて…)ふうちゃんの結婚式の日、お父さんのハルさんは思い出す、娘の成長を柔らかく彩った五つの謎を。幼稚園児のふうちゃんが遭遇した卵焼き消失事件、小学生のふうちゃんが起こした意外な騒動…。心底困り果てたハルさんのためにいつも謎を解き明かしてくれるのは、天国にいる奥さんの瑠璃子さんだった。児童文学の新鋭が、頼りない人形作家の父と、日々成長する娘の姿を優しく綴った快作。

最愛の妻・瑠璃子さんが夭折して以来、人形作家のハルさんが男手一つで育て上げた一人娘・ふうちゃん。
今日はそのふうちゃんの結婚式。
花嫁の父として結婚式に臨むハルさんの脳裏に、小さい頃からのふうちゃんの思い出がよみがえります。

元気で社交的なふうちゃんの周囲に起きる事件を、人付き合いが苦手で心配性なハルさんが天国の瑠璃子さんの手助けを借りながら解決していくという構成。
「消えた卵焼き事件」「夏休みの失踪」「涙の理由」「サンタが指輪を持ってくる」「人形の家」の5編が収録されています。

最愛の人を早くに亡くし、遺された一粒種のふうちゃんの養育に心を砕くハルさんと、その愛情を一身に受けて明るく頭がよく誰からも好かれる素敵な女性に育っていくふうちゃんの成長の様子が丁寧に描かれたほのぼのした物語だったのですが…私はちょっと苦手でした。
原因はハルさんの人物設定。
人付き合いが下手で気が弱くて心配性、だけど人形作家としての才能は一流で一人娘のふうちゃんを何よりも大切にしている…という設定のようなのですが、どうも私にはマイナス部分ばかりが目に付いてしまったんですよね~。
特にふうちゃんに何かあったときの動転っぷりが尋常じゃない。
一人娘を心配する父親の心情としては当然なのかもしれませんが、それにしても大人なんだからもうちょっと落ち着いたほうがいいんじゃないの?と読んでいてイライラしてしまいました。
しかもただオタオタしてるだけで、建設的な考えや行動に結びついて行かない、結局死んだ奥さんの手助けがないと何も解決されないというのはどうなのよ、と。
物語の中の1つくらい自力で解決してもよかったんじゃないのかなあ、と思いました。

物語の中でふうちゃんは幼稚園、小学校、中学校、高校、大学と成長して行くのですが、それにつれて行動も考え方も発言も少しずつ変わっていく部分はすごく丁寧にリアルに描けていると思いました。
(特に中学生になって反抗期に入ったふうちゃんの描写が良かったです♪)
なのにハルさんの性格だけがずぅっと同じなんですよね。
あまりに変わらないのでだんだん「死んだのは瑠璃子さんじゃなくてハルさんだった」というオチなんじゃ?と穿った見方をしてしまうくらいでした^^;
でもそのくらい頼りなくて現実感がない感じだったんですよ…。
完全に好みの問題ですが、私としてはもうちょっとしっかりした人物像であって欲しかったです。

まあ、ハルさんの周囲の人、特にふうちゃんはそういうハルさんが大好きなんですから、その他の人間がどう思おうとハルさんには関係ないんでしょうけどね。

東野圭吾『嘘をもうひとつだけ』

  • 2009/02/23(月) 10:22:11

嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)
嘘をもうひとつだけ (講談社文庫)

バレエ団の事務員が自宅マンションのバルコニーから転落、死亡した。事件は自殺で処理の方向に向かっている。だが、同じマンションに住む元プリマ・バレリーナのもとに一人の刑事がやってきた。彼女には殺人動機はなく、疑わしい点はなにもないはずだ。ところが…。人間の悲哀を描く新しい形のミステリー。

東京練馬署の刑事・加賀恭一郎を主人公(探偵役)にした短編ミステリー集。
表題作の他「冷たい灼熱」「第二の希望」「狂った計算」「友の助言」の5編を収録。

面白かったです。

登場人物は殆ど加賀刑事と犯人のみ。
出てきたとしても犯人の周囲2~3人くらい。
その少ない人数との会話、証言、捜査によって、加賀が真実に迫り、鮮やかに解き明かすまでが描かれています。

短篇のせいか、ストーリーや謎はシンプルでストレートです。 
であるにも関わらず、非常に読み応えがあるんですよねえ。
簡潔で端正な文章の中に、必要な情報と伏線、そして登場人物の想いまでがギュッと詰まっていて、濃厚なのにうるさくない。
決して過剰に書き込んであるわけではないのに犯人の人間関係や心情、行動などが、すごくクッキリと浮かび上がってきます。
なので、読者はそこに描かれている内容以上の物語を、作品から感じ取ることが出来るのではないかと思います。
東野氏が文章巧者なのは認識していましたが、こんなに実感として「巧いな~」と感じたのは初めてだったかもしれません。

短編なのに、2時間ドラマ1本くらい余裕で作れそうな膨らみがあり、余韻も充分な作品ばかりでした。

そして、何より主役として犯人を追い込んでいく加賀刑事が魅力的。
論理的で行動力があり冷静で、でもその奥に情熱を秘めているというタイプです。
私のイメージでは堤(真一)さんをもうちょっと若くした感じかな、と思いました。

私は東野作品ってポツポツとしか読んでいないので知らなかったのですが、主役の加賀刑事はかなり多数の作品に登場しているんですね。
他の作品も読むのが楽しみです。

畠中恵『つくもがみ貸します』

  • 2009/02/22(日) 10:18:30

つくもがみ貸します
つくもがみ貸します

お江戸の片隅、お紅と清次の姉弟二人で切り盛りする、小さなお店「出雲屋」。鍋、釜、布団にふんどしまで、何でも貸し出す出雲屋ですが、よそにはないような、ちょっと妙な品も混じっているようで…。彼らは、生まれて百年を経て、つくもがみという妖怪に化した古道具。気位も高く、いたずら好きでおせっかいな妖怪たちは、今日もせっせと、出雲屋を引っ掻き回すのでありました。ほろりと切なく、ふんわり暖かい。畠中ワールド、待望の最新作。

人間と妖の関係を描いているのは「しゃばけ」シリーズと同じですが、こちらの作品の中の妖は小道具屋兼損料屋の商品として登場するので「しゃばけ」のように全面的に人間の味方だったり協力的だったりはしません。
(といっても「しゃばけ」も妖たちが味方するのは若旦那だけであって、他の人間はいてもいなくても同じ、という部分はあるわけですが)
自分勝手で働くのが嫌いでお喋り好き、詮索好きな彼らはお紅と清次の都合で動かされることにブーブー文句ばっかり。
でも、結局何だかんだ言ってもちゃんと必要な情報を集めて帰ってきてくれる。
それは、自分たちの存在を知っても気味悪がったり売り払ったりせずに大切にしてくれる2人のためであるのと同時に、そういう居場所を失わないための彼らのしたたかな計算だったりもするんですよね。
そういう、一見仲が悪そうなのに、実はお互いに大切に想っているという距離感の関係が巧く描かれていて楽しく読めました。

それぞれの短篇に日本の色を表す名前(「利休鼠」「裏葉柳」「秘色」「似せ紫」「蘇芳」)がついていて、最初のページの紙色がその色になっているのもおしゃれでした。

ただ、作品全体を通じてキーワードとなる「蘇芳」について、最初のお紅のこだわり方とその後明らかになっていく関係性になんとなくしっくりこない部分があったのが残念。

それと、結末が「多分こうなるんだろうなあ」と思っていたそのままだったのが物足りなかったです。
最後はあそこに辿り着くのはいいにしても、その前にもうひとひねりあってもよかったのでは。

畠中恵『いっちばん』

  • 2009/02/07(土) 10:10:10

いっちばん
いっちばん

内容(「BOOK」データベースより)
摩訶不思議な妖怪に守られながら、今日も元気に(?)寝込んでいる日本橋大店の若だんな・一太郎に持ち込まれるは、訳ありの頼み事やらお江戸を騒がす難事件。お馴染みの妖がオールキャストで活躍する「いっちばん」、厚化粧のお雛ちゃんの素顔が明らかになる「ひなのちよがみ」の他三編を収録。大人気「しゃばけ」シリーズ第七弾。

「しゃばけ」シリーズも七冊目。
安定してますね。
若旦那と周囲の人間たち、そして妖(あやかし)たちの作り出す作品の雰囲気と、物語の内容のバランスがちょうど良くて、安心して読めて、終わった後ほっこりした気持ちが残る素敵な作品ばかりでした。

ただ、以前の作品で出てきた登場人物が再登場する場面がいくつかあるのですが、説明があっさりしすぎているので誰だか思い出せなくてちょっと困りました。
前に出てきた人物についてどこまで書くかの判断は難しいのかもしれませんが、私みたいなメインの登場人物以外はあまり記憶にありませんな読者やたまたまこの作品から読み始めたという読者にはちょっと不親切だったかな、と思いました。

「いっちばん」「いっぷく」「天狗の使い魔」「餡子は甘いか」「ひなのちよがみ」の5編を収録。

東野圭吾『容疑者Xの献身』

  • 2008/08/09(土) 10:26:39

容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)
容疑者Xの献身 (文春文庫 ひ 13-7)

内容(「BOOK」データベースより)
これほど深い愛情に、これまで出会ったことがなかった。いやそもそも、この世に存在することさえ知らなかった。運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪。

直木賞受賞作。
映画化に合わせて(?)文庫になっていたので読んでみた。

「ガリレオ」シリーズ初の長編。(400ページ弱)
最近、本を読むパワーが衰えていてついつい短篇集を選んでしまうことが多かったので、長編を読むのは久しぶり。
特に東野氏の長編には苦手意識があったのでちょっと不安だったけど、全体の展開にスピード感があったし内容も判りやすくて読みやすかった。

ただ、短篇のときのようにトリック自体が物理学を応用した原理がどうのってことではなく、犯人側の登場人物が湯川の大学の友人だったということで「ガリレオ」シリーズになっているのは何となく微妙な感じ。
その友人も「不遇な日々を送る数学の天才」という設定だけど、数学がどうこうってことでもないし。
といっても、「だからこそ判りやすかった」という部分も否定できない、というかまさに「正解」なのでそこを突っ込んではいけないんだろうな(笑)

ラストの謎解きは想定していたわけではなかったけど、思ったほど意外な内容ではなかった。
あ、なるほど、そういうことか~という感じ。
それよりも、物語の中では真相を知らされた登場人物たちはみんな衝撃を受けているのに、読んでる私は「まあ、そのくらいするかもね」なんて暢気に思っているあたりの心情的ギャップは一体何なんだろう?という疑問のほうが大きかったかも。
もちろん私だって現実の世界でそんなことが起こったら驚くだろうけど、推理小説の世界って何が起きてもおかしくないって状況になってるから読者を驚かせることが出来るのか、感動させられるのかというのは難しい問題なんだろうな。

ただ、この作品の魅力は、そうした意外性とかトリックとかではなく「石神」という登場人物をひたすらストイックにぶれのない人物像として書き上げたということではないかと。
実際にそういうタイプの男性が魅力的かどうかは謎だけど(だってやってることはストーカーと紙一重なんだから、されてる方としては相手の心の中が見えない限りやっぱり怖いと思う…)、この物語の中ではそういったことも含めて「石神」という人物を描き切ったことが単なる謎解き以上のものを読者に与えることが出来たのだと思う。

小説では大学の同級生で刑事の草薙が湯川のパートナー。
大人の男同士の会話がスムーズで、お互いを思い遣る気持ちに余裕と長い時間をかけて積み上げてきた信頼があって安心して読めた。
それがドラマ版では草薙の後輩の女性刑事・内海(柴崎コウ)が湯川と絡む役割になった。
今回の映画版でももちろんドラマ版を下敷きにした役割分担になるのであろう。
絵的には男女のペアのほうが華やかで面白いのかもしれないけど、湯川と草薙のやり取りの部分が映画版ではどうなってしまうのだろうか。
不安だけど興味深い。

またそれ以上に興味深いのは登場人物のキャスティング。
石神が好意を寄せる隣人・靖子役は松雪泰子。これはいい。
問題は石神。
石神は小説中では、

ずんぐりした体型で、顔も丸く、大きい。そのくせ眼は糸のように細い。頭髪は短くて薄く、そのせいで五十歳近く見えるが、実際はもっと若いのかもしれない。

と書かれちゃうような、いわゆる(見た目は)風采のあがらないオジサンとして設定されている。
その石神を演じるのがなんと堤真一!
どこをどうしたら、そういうキャスティングになるのだ?!^^;
いくら服装を地味にしたところで、堤さんは堤さんだと思うんだけどなあ。
まあ、主役の湯川が福山だから相手役があまりにも地味すぎたら、食われすぎて話にならないのかもしれないけどね。
一方、靖子が昔働いていたスナックの常連で、靖子も憎からず思っている印刷会社の社長・工藤。
工藤は金持ちでセンスがいいって設定なんだけどこっちの配役はダンカンらしい。
別にダンカンが悪いわけじゃないけど…堤さんとだったら、ねえ…?(失礼!)
このキャストでこの作品の雰囲気をどうやって再現するのか、あるいはしないのか(!)非常に興味が沸いてきたな。

映画は10月4日公開。
容疑者Xの献身

畠中恵『まんまこと』

  • 2008/07/21(月) 09:41:37

まんまこと
まんまこと

この間読んだ『文学賞メッタ斬り!~たいへんよくできました編~』で大森さんと豊さんが揃ってかなり誉めていたので「どれどれ」と読んでみたところ、確かに面白かった。

八つの町を支配する古名主・高橋家の跡取り麻之助を主人公にした連作短篇集。
小さい頃は生真面目で勤勉、両親の自慢の息子だったけれど、16の年を境に突然「お気楽者」に豹変し親を嘆かせている麻之助。
そんなお気楽者が病で倒れた父親の代わりに町人のもめ事を評定することに…果たして上手く収めることは出来るのか。
表題作ほか「柿の実を半分」「万年、青いやつ」「吾が子か、他の子か、誰の子か」「こけ未練」「静心なく」の6編を収録。

お気楽者の麻之助と、同い年の親友・清十郎(女の子に大人気の色男)のコンビがいい。
基本的に自由でまっすぐで、それでいて自分の背負っているものをきちんと受け止めてそれを全うしようという心意気が感じられる若者らしい描写に好感が持てた。

麻之助が解き明かすそれぞれの謎もちょっと判りにくいけど、血生臭いところがないので安心して読めた。

ただ、麻之助が生真面目な青年からお気楽者へ変わってしまった原因はちょっとありきたりかなあ。
しかもそれが一番最初のほうでその原因が明かされてしまう(「噂」としてだけど)というのは。
もちろん読んでいればすぐに判ることだし、真実はもう少し奥が深い物語だったのである意味「ミスリーディング」を誘うための手法だったのかもしれないけど、それにしては真相に意外性が少なくてちょっと肩すかしな感じがしてしまった。
それにその原因に周りの大人(親)たちが全く気づいていないということもちょっと不自然だなと思えた。
もしかしたらみんな判っていて、それでも麻之助の傷が癒えるのを黙って見守っていたのかも。
そのほうがこの物語には相応しい内容だと思うな。

『しゃばけ』同様これもシリーズ化される模様。
それぞれ少しずつ大人になった麻之助と清十郎にまた会えるのが楽しみ。

まんまことうぇぶ

藤本由香里『私の居場所はどこにあるの?少女マンガが映す心のかたち』

  • 2008/07/05(土) 09:25:22

私の居場所はどこにあるの? 少女マンガが映す心のかたち (朝日文庫 ふ 26-1)
私の居場所はどこにあるの? 少女マンガが映す心のかたち (朝日文庫 ふ 26-1)

内容紹介
1960年代末から90年代末頃までの少女マンガの描写から、その心理や内面に焦点をあてて分析。女性の恋愛観、セクシュアリティ、家族観、職業観の変化を精緻に追う。同時に少女マンガにおける性的指向に関する描写の変遷もをたどりつつ、来るべきトランスジェンダーの時代の幕開けを告げる。「居場所」を求めてさまようすべての人々に贈る必読の書。少女マンガ評論の新境地を拓いたと評価の高い幻の名著、待望の文庫化。

面白かった。

かなりガッツリした評論作品だったけど、文章が読みやすかったし、何より対象が私も親しみのある「少女マンガ」だということで非常に楽しく読めた。
特にこの作品が単行本として出版されたのが10年前(つまりそれより前の作品しか扱われていない)で、最近はとんとマンガから遠ざかっている私にも理解できる作品が多かったのが嬉しかった。

でも、面白かったけど、実際に自分がマンガを読むときにこの本の中に書かれているようなことを感じながら読んでいたのか?というと、それは疑問。
なので、「なるほど、そういう考え方も出来るのね」とは思ったけど、「そうだったのか、納得した」という感じではなかった。
少女マンガは「ジェンダー」とか「アイデンティティー」というものに深く関わっているという主張で、それは私もそうだろうなと思うけど、それ以前に私はただ単に「面白いから」読んでいたって意識しかなかったから。
(それとも自分が意識しないどこか深い部分でそれを感じていたんだろうか?)

ビックリしたのはこの本の中でいくつかの作品のあらすじが解説されている部分があるんだけど、それが私も何度も読んでよく知っている大好きな作品であるにも関わらず「ええっ、あのマンガってそんな内容だったっけ?」ということが多かったこと。
特に萩尾望都さんの作品(例えば「スターレッド」とか「マージナル」とか)は、私が覚えている内容と比べると「別作品?」と思えるくらい違っていたので思わず笑ってしまった^^;
一体私は何を読んでいたのであろうか?
読み流すにもほどがあるって感じだなあ(笑)
確かコミックスや文庫で持っていたと思うので、もう一回改めて読み返してみよう。

それと気づいたことが一つ。
私は作品を読むときに主人公(を始めとした登場人物)に自分を重ねるということを殆どしないということ。
これはマンガ以外の作品(例えば小説やお芝居や映画とか)でも同じ。
感想として「もし私だったら」と考えることはあるけど、基本的にいつも作品は「作品として」鑑賞しているなあ…ということを、この本を読んで確認した。
だから、入り込める作品になかなか出会えないのかも。
その分、この本にあるようにそれを読むことで葛藤したり考え込んだりはあまりしないし、作品のイメージや雰囲気に囚われてしまうことがないので、どんどん色んな作品をサクサク読んでいけるってことでもあるんだろうと思う。

そんな私でも物心付く前から20年以上に渡って読み続けた少女マンガから受け取ったものは計り知れないほど膨大である。
文庫解説で作家の三浦しをん氏が

「心身の構成成分の大半が少女漫画」

と書いているけど、私も「大事なことはみんな少女漫画から教わった」なあ。
考え方の基本的な部分とか、人との関わり方、更には生きていくのに絶対必要ない知識までいろんな部分で今の私の血となり肉となっていることがたくさんある。
(少女に限らず)漫画というメディアにはそういうパワーがあると思うので、これからも良質な作品を提供し続けていって欲しいなあ、と思う。

東野圭吾『黒笑小説』

  • 2008/06/01(日) 09:09:20

黒笑小説 (集英社文庫 ひ 15-8)
黒笑小説 (集英社文庫 ひ 15-8)

出版社 / 著者からの内容紹介
東野圭吾が描く、「黒い笑い」
平静を装いながら文学賞の選考結果を待つ作家、内心では「無理だろう」と思っている編集者――。文壇事情を皮肉たっぷりに描く短編の他、笑いをテーマにした作品を収録した傑作短編集。(解説/奥田英朗)

東野さんの作品は「長くて、シリアスで、重いもの」のほうが評価が高いみたいだけど、個人的にはこういう「短くて、ふざけてて、ニヤッと出来る」作品のが好きだな。

誰かの行動やある現象を角度を変えて描くことでそこに立ち現れてくる違和感と可笑しさを扱った作品が多いんだけど、その題材の選び方、悪意の込め方、題材への執着加減が絶妙。
これ以上やったら醜悪になる、不愉快に感じられるというレベルギリギリのところで踏みとどまる自制心がスゴイ。
決して爆笑出来る内容ではないけど、「こんなことよく考えつくよな~」と思いながら読みながらニヤニヤ笑える作品ばかりで面白かった。

「もうひとつの助走」「線香花火」「過去の人」「選考会」「巨乳妄想症候群」「インポグラ」「みえすぎ」「モテモテ・スプレー」「シンデレラ白夜行」「ストーカー入門」「臨界家族」「笑わない男」「奇跡の一枚」の13編を収録。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。